<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

リアルで筋金入れて貰った

c0016259_06431229.jpg
 昨日、玉造病院…島根県で一番頼りになる整形外科…にて、左足親指の骨を固定する手術を受けてきました。日帰りです。
 金属の棒を、ドリルでグリグリとねじ込んで固定しまして。局所麻酔で都合1時間弱、ドリルの音やねじ込んでるのをリアルタイムでX線モニタ越しに見られたりして、中々面白くはありました。…麻酔が効いてる間は他人事のように。。。

 まあ、術後1時間もしないうちに麻酔が切れてきて、もう病院から出る辺りから痛みで左足は引きずるしか出来ない状態になり…ちゃんと対策してAT車を借りてきてて良かった~…貰った痛み止めを速攻で飲みつつ1時間半運転し自宅まで戻り、あとは時間が経つのをひたすら待ちました…


 翌朝には予想に反して、手術前と同じような痛さに戻りました。
 人間の身体の回復力って凄いもんだ。そんな簡単に痛くなくなるなんてねぇ(^^;

 痛くなくなったので、こうして固定した指の骨がくっ付くまでしばらく静養です。見立てではくっ付くまで1か月半だとか…長い(◞‸◟)
 現場仕事が出来ないうえ、労災使ってるので医者のゴーサインが出ないと復帰出来ないんだよなぁ…何して過ごそうかっていうくらい、暇すぎるほどの時間があります。

 なので、その時間で不調な左肩の治療も出来るし、散らかりまくった部屋の掃除も出来るからしようかな。この機会を逃したら当分何もしないだろうしな~。
 そういう風に考えれば、このところずっと働きづめでろくに自分の周りの事を省みずほったらかしにしてきたのだから、文字通り良い骨休めなのかもしれません。


 ま、ゆっくり休みますわ。当然、休むだけでなく復帰に向けてこれまでの仕事の反省もしていきたいと思います。
 ただ休むんじゃ勿体無いんで(^^;


 

[PR]

by mah_dl650 | 2018-10-18 13:43 | 日記 | Comments(0)  

ぼー…

c0016259_21331683.jpg
 あっという間に木曜日…
 今日は通院が無い日だったのですがねぇ…

 朝からの雨が上がって、オレンジに染まる夕雲を眺めて、それだけの一日になりました。
 やった事といえば、溜まっていた資源ごみを分別して出したくらいかな。
 片づけ位は進めたいのですが、進むのはパソコンの中のメールの整理ばかりで現実世界は散らかったままです。
 それでも少しずつは片付いているので、それで今のところは良しとしておきましょうか。

 そういえば…
 exiciteでブログを始めるちょっと前ですが、その時も足を怪我したんですよね。バイクツーリングで。
 設計業務でカツカツになってて、唯一の気晴らしがツーリング。出先で転んで右膝だったかな?を強打して。

 治らなくて、半月板の内視鏡手術を受けるので1週間ほど入院して、ヒマなヒマな時間を過ごしまして。

 そのヒマな時に、それまで29年ほど生きてた人生を見つめ直して、今後の人生をどう生きていこうか悩んで。

 そこから田舎暮らしへの憧れを若いうちに叶えようとあちこち訪ねて検討した結果、島根での山仕事を始めるに至ったのでした。
 このブログは島根行きを決める直前辺りから始めています。経緯はポツポツとは書き残してるかもしれないけど…


 田舎暮らしも山仕事も辞めるという選択肢は、今後も強制退去をせざるを得ないことにならない限りは無いです。
 が、
 これまでの事の反省と、今後の展望の見直しは、現場に復帰するまでの間にどうしてもしてしまうでしょう。
 その当時、理想と野望に燃えていたはずなのに、今も大して変わらないという現実が確かにあるのですから。

 野望というほどの大望では無いにしろ、望んだ事のうち叶ったことは…何かあるだろうかねぇ…
 むしろ現実の人間関係に辟易して摩耗してるというのがここ数年の現実です。正直言いますとね。


 当然、生きるためには稼がなければならないし、その為に働く事には、何の疑問も無ければ当然のことです。
 ただ、その為に自分の中に余裕も無ければ理想も消え失せるような事態になってるというのは、実にマズい。
 ここ数年何やってるんだろうという、麻痺した状態の自分がそこに佇んでます。

 …こうやってかなりの時間が出来ないと、たったこれだけの反省すら出来なかった。しても直ぐ明日が来てしまうから。
 申し訳ないけど、疲れるために田舎で山仕事しに来てるんじゃないです。
 いつまでも甘ったれるなと言われようと、言われ続ければ何処に居ようと自分が壊れます。そういう性格なんです。残念ながら。
 あまり私に期待しないでくれませんか。そもそも期待されたい訳じゃないのですそもそも仕事では特に。
 
 それでも、自分が出来る事は最大限やる。レベルアップもしたい。この先生き続けるためには何でも利用させてもらいます。それが自分の望むことであり、周りが望むことであれば、自分から断る理由は何もありません。むしろウェルカムでもあります。

 自分にとって、
 嫌なのはね。望まれないこと。嫌がられること。突き放されること。表裏構わず疎まれること。
 全て、恐らく、今も、どこかの誰か達が、してるだろうと思ってしまうような精神状態を抜け出したいのです…


 上手に人に甘えて生きたいねぇ…下手くそだからな自分(^^;
 

[PR]

by mah_dl650 | 2018-10-11 22:31 | 日記 | Comments(0)  

小さく大怪我してしまいまして。

c0016259_21295658.jpg
 先週土曜日、午後の山仕事、山の上の方での伐採作業中、とちって避け損ねました。
 伐った小径木が左足親指の上から達磨落としのように直撃、結果、左足親指の開放骨折…爪の付け根辺りからポッキリ折れました。
 全治は今のところ不明。爪付近から出血してたので縫合してもらい、添えをして固定してるという状態です。

 今までも山仕事に限らず怪我はしてるし、今回含め生死に関わる様な大怪我はしてないのですが、今回はちょっと長引きそうです。
 靴は履けず踏ん張りも全く効かない状態で、まずは添えが外れて骨がくっつき始めるまでは歩行も困難ですので(◞‸◟)


 やっちまいました…色々とミスが重なった結果の怪我ですので…
 台風一過の強風の中、しかも土曜日、安全靴(地下足袋)を履かずに、胸の高さでの切り落としをして…という…
 ハッキリ言って慢心です。誰も責められません。最低でも怪我してはいけないシチュエーションでやってるのだから。
 正直、治ってから以前のように職場に心身安定した状態で復帰出来るか、させてくれるかがとても不安です…((+_+))


 とはいえ、山から降りるつもりも全くないし、むしろ天寿を全うするなら仕事中が一番だという思いは変わらないので、仮に心苦しい状態になるのであればここでの進退を考えることになるでしょう。出来ればそういう状態にはなりたくないですが…


 そういうことで、一昨日の晩から左足の不自由な状態での生活をしなければならなくなって。入院する必要なしという事でしたので。
 この足でMT車を運転して病院から住まいに戻り、痛みで集中力も睡眠も足りない状態で、時間が無かったからと今まで散らかり放題になってた部屋で丸一日過ごすという昨日今日…相変わらず懲りてないと言いますかねぇ(^^;

 連休も明ければ定期的に通院しながら、今の状態で出来る事、やらなければならない事、読んでおきたい本、今までの仕事の反省と改善策やらやら練りながら時を過ごしたいと思ってます。せめて靴が履ける状態になれば現場復帰は無理としても自由度が増して、家の片付けも捗る…かもしれないので…


 とりあえず、不謹慎ですが、何とか生き延びました。
 左足以外にも数週間前から左肩が何やら痛みが取れずおかしい状態なので、そちらの療養も兼ねてしばらくブログ更新頻度が高まることになるでしょう。

 ヒマしてるんで、コメントや直に連絡などなどお待ちしております。というか誰でも良いから構ってくださいお願いします(;_:)


[PR]

by mah_dl650 | 2018-10-08 21:56 | 林業/造園 | Comments(0)