2018年 10月 08日 ( 1 )

小さく大怪我してしまいまして。

c0016259_21295658.jpg
 先週土曜日、午後の山仕事、山の上の方での伐採作業中、とちって避け損ねました。
 伐った小径木が左足親指の上から達磨落としのように直撃、結果、左足親指の開放骨折…爪の付け根辺りからポッキリ折れました。
 全治は今のところ不明。爪付近から出血してたので縫合してもらい、添えをして固定してるという状態です。

 今までも山仕事に限らず怪我はしてるし、今回含め生死に関わる様な大怪我はしてないのですが、今回はちょっと長引きそうです。
 靴は履けず踏ん張りも全く効かない状態で、まずは添えが外れて骨がくっつき始めるまでは歩行も困難ですので(◞‸◟)


 やっちまいました…色々とミスが重なった結果の怪我ですので…
 台風一過の強風の中、しかも土曜日、安全靴(地下足袋)を履かずに、胸の高さでの切り落としをして…という…
 ハッキリ言って慢心です。誰も責められません。最低でも怪我してはいけないシチュエーションでやってるのだから。
 正直、治ってから以前のように職場に心身安定した状態で復帰出来るか、させてくれるかがとても不安です…((+_+))


 とはいえ、山から降りるつもりも全くないし、むしろ天寿を全うするなら仕事中が一番だという思いは変わらないので、仮に心苦しい状態になるのであればここでの進退を考えることになるでしょう。出来ればそういう状態にはなりたくないですが…


 そういうことで、一昨日の晩から左足の不自由な状態での生活をしなければならなくなって。入院する必要なしという事でしたので。
 この足でMT車を運転して病院から住まいに戻り、痛みで集中力も睡眠も足りない状態で、時間が無かったからと今まで散らかり放題になってた部屋で丸一日過ごすという昨日今日…相変わらず懲りてないと言いますかねぇ(^^;

 連休も明ければ定期的に通院しながら、今の状態で出来る事、やらなければならない事、読んでおきたい本、今までの仕事の反省と改善策やらやら練りながら時を過ごしたいと思ってます。せめて靴が履ける状態になれば現場復帰は無理としても自由度が増して、家の片付けも捗る…かもしれないので…


 とりあえず、不謹慎ですが、何とか生き延びました。
 左足以外にも数週間前から左肩が何やら痛みが取れずおかしい状態なので、そちらの療養も兼ねてしばらくブログ更新頻度が高まることになるでしょう。

 ヒマしてるんで、コメントや直に連絡などなどお待ちしております。というか誰でも良いから構ってくださいお願いします(;_:)


[PR]
by mah_dl650 | 2018-10-08 21:56 | 林業/造園 | Comments(0)