飲み屋について考えていました

先週の金曜日、職場の先輩達と飲みに出掛けました。

隣の大田市まで。泊り込み(先輩の自宅)です。

…というか、町内にはまともな飲み屋が殆どありません。
特に、私の年代にマッチする「若い人向けの飲み屋」はゼロで、あるのは昔からの料理屋とか数十年前ならお姉さんで通ったかもしれないママの居るスナックが数軒とか…そんな感じ。
数十年来の呑み助さん達ならともかく、若者達だけで気軽に行けるような店は皆無です。
町内の何処でもいいから、例えば「養老乃瀧」が1軒あるだけで多分町内の飲み需要の大半を独占できそうな気がするんですよね~。

いや、チェーン店でなくても…今風のバーとかでも。とにかく今町内にある飲み屋は全て古臭い。人も建物もメニューも、、、だから役場の送別会を広島でやるなんていうおよそ町の経済に全く貢献しない行動を役場の人間に取らせるようになるんだと。やる方もやる方だけどね…気持ちは判るけど(ーー;)



誰か、町内のどこかで飲み屋を新規オープンしませんか?
上手くやればこの先20年は間違いなく儲かると思うんですけど^^;
[PR]

by mah_dl650 | 2007-03-26 23:24 | 日記 | Comments(3)  

Commented by しゃくなげ at 2007-03-27 20:14 x
えーっと、まず話を整理してみなくてはなりませんかねー。
「普段の飲み」、いわゆる会社帰りでちょいと一杯っていうやつと、
「送別会」等の飲み会は、その目的を少し区別して考える方が良いのでは無いでしょうかね。まーさんは、美郷歴がまだ短いのでご存知かどうかわかりませんが、美郷町内の職場、職域、地域(自治会等)、各種団体では、忘年会とか送別会、何かの行事の打上げ飲み会のような性質のものが、美郷町外で催されることは、決して珍しいことではありません。大田市、出雲市、広島市、三次市、或いはまだ遠い場所でなどで開かれることもあります。町内に魅力的な店が少ないというのも一つの大きな理由でしょう。(つづく)
Commented by しゃくなげ at 2007-03-27 20:15 x
また、2次会、3次会と続けて楽しみたい人にとって、選択肢が狭まるのは必至ですし・・・・。そういう意味では美郷町外に需要が向くのは当然の流れではないでしょうか?それと、送別会などの目的には、仲間同士の懇親旅行的な意味合いも含まれています。従って、美郷町以外に目的地が設定されるのも当たり前の話だと考えます。

さて、「養老乃瀧」のような店、美郷町内に有れば確かに良いですね、焼鳥屋、居酒屋、おでん屋さん・・・有ると良いですよね。普段の飲みで、気軽に立ち寄られる店があると良いでしょうね。でもその「あったら良いな」という理想と実際の美郷町内の飲み需要がマッチしているかどうかは、疑問ですね。もし、出店したとして採算ラインに乗せることができるのであれば、とうの昔にどこかのだれかが出店していたことでしょう。
Commented by mah_dl650 at 2007-03-27 22:20
>しゃくなげさん
いや~ご指摘のほう、確かにその通りです^^;
送別会の全てを町外でやっているわけでもないでしょうし、町外に絶対行くなというのもおかしい話ですよね…私のやっかみも度が過ぎていました。これを読んで気を悪くされた方が居たら申し訳ないですm(__)m

また、気軽に寄れる飲み屋が町内に欲しい…というのは需要はあると思います。若い人が気軽に寄れるような飲み屋をというのは、特に個人的に町外出身者だと町内の方と顔を合わせる機会が極端に限られるということが不満でして…飲み屋であればそういった交流の場という意味合いでかなり有効な方法じゃないかと思ったので。

採算ラインに乗せるには…やり方次第でしょうね。乗らないとは思わないし、乗らないから誰も出さなかったというのも違うかと。聞いた話だと昔から同じ飲み屋しか無いって聞きましたよ?

ピーナツしか出せないスナックとかよりはまともな飲み屋に出来るんじゃないかと思うんですけどね?

<< 飲み屋について考えていました 2 やはり人任せだけじゃ… >>