島根で林業、やってみません?

…って気軽に書いて良いんだろうかとも思うのですが^^;


やっぱり、先日書いた通り…ウチの森林組合でも、育林作業者の募集をしているそうです。
ハローワークで島根の林業を検索してみても、ウチの組合らしき求人が入っています…と言うより、恐らく全国規模で育林作業者の募集がきっと掛かっていると思います。

何故なら、先日も書きましたが京都議定書の環境対策の兼ね合いで森林整備事業が大幅に増える…にもかかわらず、それだけの仕事を請け負うだけのマンパワーが不足しているからです。それでなくても林業(に限った話では無いのですが)は作業者の高齢化がかなり進んでおり早急な後継者育成が必要になっています。だから尚更、今働いている元気なおじいちゃん達の技術を受け継いでいく為にも、すぐにでも後継者と成り得る方を受け入れたいと何処でも考えていると思います。


2年前に私が美郷町の森林組合で働く事になった時には、『もうIターン者の受け入れはしないだろう』なんて言われたりもした事があるのですけど…今は『ネットの知り合いにでも林業をやりたいって人は居らんかね?』等と言われる位ですから、やる気さえ伝わるならほぼ間違い無く雇ってもらえると思います。いや本当に。
間違って欲しくないのは、『やる気がある』が必要最低条件だって事。世の中、やる気だけではどうにもならない事があるのは事実です。でも、やる気が無い人にだけはこの仕事を勧める事は出来ません。逆に言えば、それなりの熱意が無いと無視出来ない問題が…それこそやっているからこそ言えることであるって訳です(ーー;)



田舎には安定に確保できる仕事は限られています。山間地域では、林業が主な産業の一つである事は間違いありません。そういう意味で、田舎暮らしを始めたいと思っている人にはちょっとハードルは高いかもしれませんが、田舎で収入源を確保する手段の選択肢の一つとして林業を…と考える価値はあると思います。数年間田舎で暮らしながら現実を見つめ直し、その間に改めて生活設計に軌道修正を掛けていくというやり方も十分ありでしょう。

やるなら今が、多分お勧めの時期だと私は思いますよ。売り手市場が何処まで続くのかは今後の頑張り次第ですから。。。
もし何らかの考えがおありの方は、例えば島根でならば…私もお世話になっている「ふるさと島根定住財団」などに気軽に話を聞いてみたりしてみていただけたら、と思います。何なら私も相談に乗りますよm(__)m
[PR]
by mah_dl650 | 2007-03-13 22:59 | 林業/造園 | Comments(2)
Commented by 同県東部の森林組合職員 at 2007-03-14 23:33 x
いつも拝見させていただいています。昨年には、邑智郡森林組合の本所に機構の研修でお邪魔いたしました。
年度末に向け、補正予算がつき、例年ならば新植が終わり一段落つきそうな気配を感じる時期なのですが。。。今年は忙しいですね。。。
私の勤める組合でも、後継者不足が問題になっています。と言っても前々からわかっていた事なのに。。。事業量の減、事業の指名競争入札等で採用するのはどんなものかと、お上の方々の方針らしいです。そりゃそうかもしれませんが、5年後、10年後を考えると。。。今の主力の方々は定年を迎えられすごい状況になることが予測されます。うちももうちょっと真剣に考えてほしいです。
とにかく、怪我には気をつけて御安全に作業をしてください。
Commented by mah_dl650 at 2007-03-15 23:17
>同県東部の森林組合職員さん
いつも見ていただきありがとうございますm(__)m
ちなみに私、本所には採用時もあわせて一度も足を踏み入れた事がございません…呼ばれたことも^^;

私に言わせて貰えば、事業量が減っているだの仕事が厳しいだの難癖つけて後進育成を怠るっていうのは、要するに自分達が良ければ他は知らないって事ですよね。地域の主産業として重視しているのなら、採算が合うよう事業・人材の見直しや新規事業の積極展開をしてとにかく食べていけるよう皆で頑張る…というのがまっとうなやり方ですよ(ーー;)

田舎に限らず、昨今の社会情勢は皆そういう風潮になっているように思えます。先日の某大手自動車メーカーの労使だって、経営者側は儲けまくっているのに自社の社員へすら満足な見返りを払おうとしない。それはつまり『経営者の言う事さえ聞いていれば良い』という傲慢です。業績が悪くなれば、平気で社員をどんどんクビにするんでしょうねぇ…

と愚痴って何か変わってくれれば有り難いもんですが^^;

いざとなれば、それこそたった一人でも状況を打開しようとするくらいの度胸と行動力を持ちたいものですね…(-_-) zzz


<< 明日は三瓶山の野焼きに行ってきます 帰ってきました~ >>