慣れた頃が一番危ないのを実感。。。

危うく死ぬところでした。大げさでなく(ーー;)

スギの間伐作業で、20m丈で直径20cmほどの頭の方がもたげて今にも折れそうにしなった木をチェーンソーで倒そうとした時のこと。
何の気なしに目線の高さで裏に受け口になるよう切り込みを入れ、正面から追い口を入れて倒そうとしたのですが…

曲がったスギが切れ込みの所から『入』の字の形に前後に割れて、『入』の頭の出っ張った部分が勢い良く私の方に倒れかかりました。。。
危ないと思ったときには既にヘルメットの左前-側頭部に掛けての所にスギが命中。マイク・タイソンの右ストレートのような衝撃と共にダウンしました((+_+))


意識が飛んだりヘルメットが割れたりはしなかった…のですが10カウントで立つ事が出来ずTKO。その後自力歩行が可能なことを確認して作業を続行しようとしたのですが、こういう時は脳に何らかのトラブルがあってポックリ逝ってしまう事もよくある話なので、ふら付いている自分を自覚して昼まで安全なところまで戻って休んでました。

結局、休んでみて吐き気も無く痛みも打撲のもの以外には無かったので午後は通常通り作業して今パソコンの前に座っている次第です。左の頭は擦ると痛い…でも無事で良かった^^;


怪我をしないように切り倒すためには、目線の高さではなくてなるべく根元に近いところに切れ込みを入れてソフトに倒すのが正しいやり方なのです。
飛んできたスギの打ち所が悪ければ、ヘルメットではなく顔面直撃で大怪我していたかも知れず…倒されただけだから良かったものの下敷きになっていたら今頃自宅でのうのうとしては居られなかったでしょう。自分の未熟さが要らぬトラブルを引き起こした…しかし悪運強く生き残れたってことですね…ソフトなトラブルメーカーって感じかな?ヘビーだったら今頃昇天してそうだ(ーー;)

自分の悪運に感謝しつつ、軽率な作業で命を無駄にしないよう改めて自戒します(__)



…そういえば、昨日の作業でWさんが
「命が3つくらいあれば無茶なことが出来る」なんて言っていたっけな。。。
それに対して私は
「3つあっても無茶して2つをあっという間に使っちゃって、『もう1つしか無いのか~』なんて言っていますよ^^;」って茶化していたっけな。。。

自分で言っていた事を自らやってしまってどが~にするが (。_゜)☆\(ー_ー)
[PR]

by mah_dl650 | 2006-06-02 22:41 | 林業/造園 | Comments(2)  

Commented by ryoutettan at 2006-06-03 23:52 x
今晩は!!
標準作業(作業標準書)以外のことをやって怪我をしても労災適用になりませんよ~~。慣れが一番怖い、毎日が一年生のつもりで慎重な作業をしてください。
      『自分で言うといて、どがーするだら』
Commented by mah_dl650 at 2006-06-05 21:55
いやいや…本当にその通りですm(__)m
※でも、標準作業通りにやっている人は恐らく一人も居ない…^^;

<< 野うさぎ 今シーズンのヒノキ新植について >>