雪起こし…雪起こし…

c0016259_21582614.jpg
先月末から仕事は雪起こしばかりしています。今年の大雪はそれだけ凄かったって事ですが、私らの班の縄張りである邑智郡旧邑智町エリアの方は既に終わっています。

しかし他のエリア(邑智郡全体)は終わっていないところもまだあって、最近は他エリアの応援として邑智郡邑南町(旧瑞穂町)まで行ってせっせと雪起こし。車への手当ては距離が延びても同額なので、遠くになればなるほどボランティアに近くなるのですが…その辺りは持ちつ持たれつって事でやるしかないって(ーー;)

今日から入った現場は、傾斜はかなり急(45°はある所も)で且つ起こすヒノキも丈2メートル以上もあるような大きなもの。一人で起こそうとしても足場は滑るし紐を結びつけるような草木もなかなか無いし重くてウントモスントモ…暑さもあってバテバテで作業してました((+_+))
さっさと終わらせないと折れ曲がったまま木が生長してしまい、材木としての価値が無くなってしまう…それが判っていても藪の中を掻き分けての重労働なので進まない。助けられなかった木にはゴメンナサイとしか言えないですm(__)m


雪起こしの終わった現場に今度来るときは数年先。除伐(雑木の刈り取り)もしくは枝打(必要以上に育った枝の切り落とし)という事になります。その時にどんなヒノキ林になっているのか自分の作業がどんな結果になっているのか想像するのが怖い…だからどんな作業でもなるべく手を抜きたくないとは思うのですが難しいものですね。
[PR]
by mah_dl650 | 2006-05-22 22:31 | 林業/造園 | Comments(0)


<< 美郷町「町づくりアンケートの集... 安彦良和原画展 >>