成長には、やり続ける事がまず必要と実感してます

 盆休み、埼玉の実家に数日戻って墓参り…そして島根にとんぼ返りして、去年に引き続き助っ人として誘われた草野球大会に参加しました。
 三瓶山麓の学校のグラウンド、5チームによる変則トーナメント方式…高校卒業してから20年以上経つというのに1日3試合はちと無謀…よくもまあ身体がもったなぁと思う次第です。ケガしなくて良かった(^^;
c0016259_20455497.jpg
 振り返って思うんです。
 野球をし出すと、「今のスイングは腰が入ってなかったな」「もう一歩前に出ればショートバウンドの送球捕れたはずなんだけど」などと自分にも周囲のプレーヤーにも心の中でも外でもダメ出しし出すんですよね。

 けれど、年に数回しか野球をしないのに、自分の思うように身体が動くことなんてまず無くて。
 それどころか、高校時代に朝夕練習をみっちりしていた時にすら出来なかった事なんか今更無理も大概にしろって感じ…当たり前なんですが。

 何事も、今もやり続けている事が実になって自分の能力になっているのであって、途中で投げ出してしまったり止めてしまった事はそれ以上の成長とか上達ってしないものというのを忘れてしまってるんだな、と。
 山仕事は何だかんだ続けてるから、遅々としながら日々身についているものがあると思うんだけど。
 勉学は…本も雑誌も読む量が…年に数冊あるかなって程度になってる…
 家の中が散らかって片付かないのは、片付ける手間を全くかけないのを何とも思わないからだし。

 年齢によって成長をだんだんと出来なくなってくるのはあるかも知れません。ただ、使わなくなって錆びれて無くしてしまった能力…昔勤めてた会社の業務なんて今また出来るかというと10%も出来ないだろうし。不必要になったから使わないのなら良いのですが、後になってまたやり直そうとしても二度と出来ないようになってしまったら何か悲しいものがあります。

 そういう意味では、山の仕事だけはやり続けて、もっと実にしたいな。今更他の仕事に乗り換えるなんて考えたくもない…

 
 それはそうと、昔取った杵柄というには身の程知らずではありますが、土地柄も運気も変わればこんな事もあるんだという…写真に示す今日の成果がこれ↓
c0016259_21391081.jpg

 中学高校と万年補欠だったのを笑い話にするこの私が、ですよ?
 3試合、数日前のバッティングセンターでの稽古の成果かもしれませんが、結構ヒットを打ちまして。
 人生で、まさか野球での、賞状を貰うなんて事があるなんて…いや~、小さな事なんですがやっぱり嬉しい(^^♪

 やっぱり、好きなことは、やり続けてなんぼなんだろうかと思ったという話でした。




[PR]

by mah_dl650 | 2016-08-15 21:41 | 日記 | Comments(0)  

<< 大田・喜多八幡宮の例大祭 お別れに行ってきた >>