「かぐや姫の物語」観てきました(ネタバレあり…)

高畑勲監督最新作品「かぐや姫の物語」を観てきました。


…何気に「風たちぬ」観てないんですよね。そして、観る気も無いのです。
なのに、何故か、この映画には久々に魅かれるものが感じられたのです…


そして、自分としては、これは当たりだと思いました。観てきて良かった。。。

映像美
 …荒々しさと力強さと素朴さとを。そしてやはりジブリは心も体も空を飛ぶ(^_^;)
音楽
 …久石譲のグッジョブ。ピアノと琴と、昔の日本の雰囲気を醸し出しつつの、情景にマッチしてた。
声優
 …朝倉あきって何者よ?「海がきこえる」の坂本洋子さん(ヒロイン里伽子の声)がフラッシュバック。
  奇しくも、同じ我がままな女の子…高畑監督もワガママなイメージを買ったらしいですね。
  好きだな~こういう張りのあるストレートな感情のこもった声って。惚れてまうでよ(^^)
  また、翁役の地井武夫さんの遺作でもある訳で…登場人物すべて声が存在感ありあり。
物語
 …かぐや姫が泣いて月に帰りたくないと泣きすがる。けれど月に帰ってしまう。
 そのシチュエーションを不思議だと疑問に感じる事はありませんでした。
 それを、しっかりと骨太でより説得力のあるものにしてしまう。
 かぐや姫が野山を駆け巡って幸せに暮らしていたのを、不憫に思った翁。
 この二人を責めるのは出来ないな…人間、欲望や願望を独りよがりに叶えられないのが現実だから。
 育ての親である翁を止める事が出来ず、翁の思い描く幸せ…それは自分の思い描くものと違うもの。
 翁の思いに沿えない。でも裏切れない。生命の力を実感する生き方がしたい。でも都に連れて来られる。
 物語が、登場人物の殆ど全てが幸せになれないというのがもどかしく…確かに心に深く残るモノが
 あるんだけど、やっぱり幸せに過ごしたかった。過ごし続けたかったという想いが苦くて儚くて(;O;)

 もし、月からの援助(黄金や着物)が無かったら…
 そうしたら、誰もが高望みをしない、望む幸せな生活をつつましくして行けたんじゃないか?
 逆に、そんな幸せをそもそも送らせないようにと、それが天上人の与える真の罰だったのかな?
 …この設定辛いよ。余計な事しないでよ。自由を与えるための援助に見せかけた、罰という名の鎖。
 この映画のかぐや姫観たらさ、都に連れて来られないまま捨丸と仲良く生きていったであろう、
 幸せなかぐや姫を願わずにいられないんだよね。


 そう思わせられた、高畑監督の作ったこのかぐや姫の物語の秀逸さに、敬礼(^^ゞ
 心を揺さぶられるのは大事だね。なあなあで生きてた自分にまた活が入ったな~。
 こんな悲しい最後を迎えないように、今まで進んできた道を省みて、
 悔いの残らないよう生きなきゃ…(^_^;)
[PR]
by mah_dl650 | 2013-12-01 01:13 | 日記 | Comments(0)


<< 酒に弱くなりまして… 冬が始まる >>