正義の味方っぽく気取るのは、やめようっと。

ここ最近、某外国人タレントさんの故国の惨状を憂うツイートやらを見るにつけてですねぇ…
何となく思うんですよ。

国家にせよ個人にせよ、
『○○の人達のために…という事をします』という趣旨の発言やら広報活動がね、
もの凄く胡散臭い。嘘臭い。信じられない。

それは人間不信とか感性が他人と違うとか、そういうのではなくて、

自分達が正しい!相手が間違ってる!と頑なに大風呂敷を広げるヒトタチの主義主張の多くが、

己の欠点やデメリットを隠したり無いかの様にごまかしてたり
相手の長所やメリットが全く無いように振舞ったり
最悪なのは…多様多種の存在を全く否定して、取り除こうとする様子が見て取れること。


その考え方の危うさってのは、一つ間違えば独裁・利益独占・違法行為の正当化…およそ信じられないアホな根拠や理由で、ある日突然身に覚えが無いのにこの世から我が身が排除されるという人生の終わり方、またそうなる確率が増えるという事です。

ほんと、これは怖い事。他人に自分の人生の行方を決められるのは、何の幸福も生みません。


人間って、知性の無い動植物と比べて、そんなに大して高等だとか特別な存在じゃないと思うんですよ。
嫌な事はやらない。嫌な存在は取り除く。好きな事やヒトには時には固執する。手に入れようとする。

何であれ、欲求欲望がより良い形で満たされるというのが、人間にとっての幸せや幸福感、でしょ?
理由や理論は、それを他人にも共有・正当化するための口実に過ぎないんですよ。
そしてより共感され納得され支持されるなら、間違った事もその時点で肯定されてしまいます。

正義も正解も結果も成果も、
流れゆく時空の中の、ほんの一瞬の、その瞬間にしか成り立たない事の多いこと。
時間の中で、ある時には全く否定されることさえあります。そんなもんじゃないですか…?



…かなり変な文章だなぁ。。。

で、私はゆるーくですがね、思うんですよ。

俺が正しい!こうしろ!お前は間違ってる!
…って考えや言動を、なるべくしないようにしようって。

テレビドラマの正義の味方は、悪役をやっつければそれで終わりで済みますが。
当然ながら現実はやっつけた後も時間は流れ続けます。
悪役といえども、やっつけたとしても、例えそれで二度と会わなくなるような事になったとしても、
完全に関係が無くなる訳じゃありません。その時の行動が原因で、むしろ自分の人生を棒に振る事も有り得ます。何が有るかが判らないのが人生ですから。

障害物を焼くために自分で大火を起こして、その火の粉で自ら焼死したらそれこそ笑止千万です(^_^;)
それならば取り込める事は内に取り込んで、許せる事は大目に見て、ダメな事はダメ出しだけでなくより良い方向へ改善していけるような…そういう人生のかじ取りをするべきかな、って。


…違うや、キレイごとを書くつもりじゃなかったな。。。
他人に優しくするのは、それで自分がほんの少し幸せを感じるからです。云わば我欲です。
正義感なんてありません。
自分がしたいから、自分が繋がりたいから、繋がれば幸せを感じるから、するんです。
それが無償でもボランティアでも労が多くても、対価として何か幸せになれば良いんです。

手段を選んで悩むような事なら、やらないでも大差ありません。
本当に心の底から手に入れたいと願う事なら、悩む前に突き進む。考える前に体が動く。
そう在らねばならない。下らない人間として。神様じゃないから、やる前から結果なんか判らない。


あぁぁ…やっぱり最後には、イチローかっこいいって感化されたのかと気づいたわ…
2つ年上の人生の大先輩、今日のインタビューとてもタメになりましたわ。
同じ時代に生まれ生きてることにホント感謝します。ありがとう(^_-)
[PR]
by mah_dl650 | 2013-08-22 22:58 | 日記 | Comments(0)


<< 今年の夏は…大雨がやばいよね。 ドラえもん手拭い >>