「これが邑智の地芝居だぁ!」

去年も行きましたが、今年も行きました、地芝居公演。「これが邑智の地芝居だぁ!」
c0016259_2105063.jpg




去年より1カ月ほど遅い開催だったんですね今年は。去年が大雪だったのは覚えがあったけど、時期が違うのか…(^_^;)

思いのほか前の方の席で、じっくり…たまにグッスリ…見てました。
c0016259_2165138.jpg

友達のいる吾郷青吾会の人情劇や、
c0016259_2195785.jpg

思いのほかバカ受けした、大和小学校の面々の劇やら。
c0016259_2113186.jpg


観てて面白かったのは、あとは星が丘一座の劇でして…実はあとは寝てました。
パッと見で「あ、合わない…」と思ったら最後、疲れで花粉症で鼻が詰まって寝不足で…(かなり言い訳)


観客の入りは5割くらいだったかな?去年復活しての翌年だからなのか…天気が良かったのが逆に作用したのか…時期が1カ月遅かったのが春のイベントとの天秤をかけられたのか…

何にせよ、こういうイベントは長く続いて欲しいんですよね。観る側だけでなく演者側も高齢化と後継者不足が進んでいる…過疎地だから何もかも同じじゃありますけどね。けど、活気の出ることは何でもやったもん勝ちですよ…無いところから作り出すのは余計にエネルギー必要ですからね(^_^;)

だから、来年も懲りずにまた観に来ようと思っております。
楽しい劇が来年も観られることを期待しとりますわ。。。
[PR]
by mah_dl650 | 2013-03-17 21:41 | 地域活動 | Comments(0)


<< シナリオと演者と観客と。 『美郷の春めぐり』 >>