生きるのに、大事なものは、何だろう

題は大げさ過ぎるのでご勘弁m(__)m

生きがいが仕事であれば、人生の大半は生きがいがあるって事になります。
だから、仕事は可能な限り自分の納得の行く事をするというのが私の考えです。

私が生きるのに、大事にするもの。

今の人間は、その周りにありとあらゆる無駄で必要の無いものを使い使わされ生きる事を強いられてます。
テレビを点ければ真実とかけ離れた報道や面白くも無い芸人の自己主張。
家を出れば引っ切り無しの交通渋滞やら右も左も行きかう人の波。
家の中では冷房をガンガン効かせて、画面にかじりついてゲームやネット三昧…などなど。

人間以外の動物から見れば、全く無駄をするために生きているのが人間だと定義できるんじゃないかな。

究極としては、これらの無駄を、一切合財無くす事が出来れば、昨今の政治問題は全て解決出来ます。
原発やら、増税やら、国の借金やら、円高やら、果ては国際紛争まで…

それはつまり人間が今の定義するところの人間らしさを全て無くす、という意味でもありますが。

そんな事は多分どんな人間も完全には成し得ないので…当然私もですが…
(嘘八百でも)地球環境のため、持続可能な社会を作るため、自分が出来る省エネならぬ「省無駄」ですね。
逆に言えば、自分が自分として生きていくための、大事とするもの以外を、可能な限り排除していく。

娯楽の為のテクノロジーの発達や新技術の開発なんてこれ以上意味が無いと思えば、会社を辞め。
埼玉の山も無く山林も無い平べったい土地に魅力を感じないと思えば、生活環境を満足すべく島根に移住し。
山に分け入って身体を動かすのが性分に合っていると思ったから、稼ぎが期待出来なくても林業にしがみつき。

当面これだけ出来れば、あとは死ぬまで行き続けていられる程度の稼ぎがあれば、必要最低限の幸せだと思っておりますわ。ひがむ事も無くやせ我慢するわけでもないです(^_^;)


もっと幸せになる…嫁さんや子供の居る家庭が欲しいとか、裏山で自伐林家したいとか、江の川沿いに家が欲しいとか、そういう望みもありますが、それはあくまで付録としての幸せだと思ってますし。
逆に、今の「必要最低限の幸せ」が侵される…のは受け入れがたい。もしそういう状況にまた陥る事になったら、今度はもう抜け殻の人生しか残っていないかもしれないと思うわけです。


…また変な事を書いてしまったなぁ。まあ夏だし狂っても仕方ないという事にする!(-_-)zzz
[PR]
by mah_dl650 | 2012-07-19 22:54 | 日記 | Comments(0)


<< 夜が暑い 島根は梅雨明けしました >>