故障の原因

実家に何とか帰宅して数日経ちました。
ブログの更新が滞っているだけで、私は元気でございます(^^ゞ

そうそう、
GW中に故障した車について、搬送された工場から連絡が来ました。


原因は、バッテリー充電用の発電機を留めるボルトが折れて、ベルトが外れかけた状態になっていたとかで。
確かに走行中、ベルトの磨耗音がはっきり聞こえるほどうるさくなり、バッテリー警告灯が点いて、高速運転してもバッテリーが上がったので…症状と原因には納得がいきます。


ボルトが折れた原因は何なんだろうなあ…部品の磨耗なのか、どこかに接触したりしたのか…高速走行中にぶつかる様な事は全くしてないんだけど(-_-;)


兎にも角にも、ボルトとベルトの交換で直るとの事でして。
部品発注が(保険と工場は日産、車はダイハツと面倒な事をしてるので)これからして月曜日に納期や修理日程の見込みが判るそうです。そうなると…来週の中頃には車は戻ってくるのかな?

何にせよ、大きな故障では無いようで良かったです。下手にバッテリー交換でガソリンスタンドの世話にならなくて今回は正解。交換しても結局充電出来ない状態は変わらなかっただろうから出費が増えたかもしれないし、最終的には同じようにレッカーと車修理の手配をして自力帰宅をしなければならなかったのは変わらない(^_^;)


早いところ車が戻ってくれば、御の字ですね~。
車が戻ってきたら面接の結果が出るくらいで、ちょうど良いや。気長に待ちましょ…(-。-)y-゜゜゜
[PR]
by mah_dl650 | 2011-05-06 17:28 | 車・バイク | Comments(0)


<< 車その後 何故か浜松駅 >>