「借りぐらしのアリエッティ」観て来ました

本当に、久しぶりに自分のための休日らしい休日を過ごしたのかも(^_^;)

レイクタウンで献血したついでに、久方ぶりに映画を観て来ました。

ジブリの新作
「借りぐらしのアリエッティ」
c0016259_21493765.jpg


前に映画に行ったのは…「ゲド戦記」以来かな…3年は経ってるな(=_=)
遠出するまでのパワーが無かったので、これが私に出来る精一杯のリフレッシュだ。。。


さて、映画の感想。

小人たちが、スペシャルな存在ではなくて、運動能力的に普通の人間と同じというのが、ちと期待外れ。
多分、宮崎監督だったら、躍動感溢れるもっとアニメチックな演出をしてるだろうな~と思いつつ。もっと「死んじゃう!!」と思うような危険な落下シーンとかありそう…そーいや、カラスの突撃シーンだけはドキッとしたなぁ。

映画には音楽が重要な要素なんだというのは感じた。というか、音楽が映画ときっちりマッチしていて、逆に言えばこのサントラが無ければ魅力は半減というか、キレイな絵の映画だったとしか言えないかも。

キャラクターは、やはりハルおばさん…キャラクターのモチーフはそのままなんだろう…これが印象に残っていますね。この人が居ないと映画が成り立たない。ラストもアリエッティ(とその家族)が自発的に冒険の旅に出る、という訳ではなく、やむなく追い出されるというモノだったし、スーパーヒロインって訳でもないし。癒される感じはあまり受けなかったな。映画の設定は良いとしても、アニメ映画らしい理屈抜きのかっ飛び感が欲しかった。


それと個人的に、
これだけ草木の生い茂るシーンが数多くあったのに、そして自分が草木に囲まれた仕事をしているのにも関わらず…

映画から緑の青臭さや実感が感じられなかった。
キレイさやクオリティの高さは感じたけど…現実を感じさせる何かがもっと欲しい。
特に今年は草の青さと戦い続けて苦しめられているから、余計に感じる。草に愛着など要らん。
そんなに雑草の生い茂った環境が好きならば、草刈りなんてこの世に要らん。

逆に、青臭さが感じられたら、逆に印象が良くなるかも知れんなぁ…
現実を知らない理想論が多いと感じて、残念だなと思わされる。

現実無視ならトコトン現実を無視して欲しいし、リアリティを追求するなら、酸いも甘いもトコトン追及しないとね。この映画を観た子供が、非現実をリアルなものとして「自然ってキレイ」と感じるならば、嫌な事です。


うーむ…
音楽はもう一回聴きたいな。
しかし何故、日本在住の小人なのに名前にしても生活にしても洋風なんだろうねぇ?明治前後に渡来してきたのかな?その割にひらがな読めるし。少人数の生活を長年続けると、高度な学術的知識は身に付かない筈だから、「人間は67億人」って言われても…「億」って単位に実感湧かないんじゃないかな、アリエッティは(^_^;)



詰まらない事ばっかり突っ込むねぇ、私って奴は…
(ネット上の感想は一切見てませんが、きっと同じような感想があちこち転がってるんだろうなぁ)


サントラ届いたら、音楽に浸ろうっと(^^♪
[PR]
by mah_dl650 | 2010-08-29 21:40 | 日記 | Comments(5)
Commented by ちびっこ! at 2010-08-30 11:15 x
ちょっとは、リフレッシュする前向きな考えになったのね。よかったわ。
ちょっと、安心ですよ。
Commented by 通りすがりの山師 at 2010-09-19 10:06 x
これ、まーさんにお勧めかも。
たまたま新聞に載ってたのを今思い出したので貼っておきました。
http://www1.chugoku-np.co.jp/News/Tn201009160067.html

自分がもっと若くてこれから何かをはじめようとしている都市部の人間なら、少し考えてみるかも知れない記事です。

自分は山師で班長までやってるベテランなので、今更なぁ~ということで眺めるだけですが、今のまーさんには結構お勧めかなーと思ったりしました。もちろん山師に戻るのも有りなんでしょうがね。
Commented by mah_dl650 at 2010-09-23 12:36
>通りすがりの山師さん
お勧めありがとうございますm(__)m

美郷に戻るだけなら、確かに色々とやりようがあるんですよね~。
1人だったら直ぐにでも戻るんですよ…

母親を養うのが一番のネック。結局それなりの稼ぎが無いと…
研修生とかいう立場じゃ絶対無理(/_;)

山師とは言わなくても、何かしてそれなりの収入が無いと。
地方だと稼ぐ手段はなかなか簡単ではないし、それが現実ですからね~。世の中甘くないですよねぇ…
Commented by 通りすがりの山師 at 2010-09-24 19:16 x
養わなければいけない家族がいるというのは本当に大変ですねぇ。。。

ここ最近の日記を読む限り、今の職場環境にまったく納得がいってないように感じます。

お母さんを伴って島根移住が可能であるならば、それを目指してみてはいいのかも知れません(ただお母さんが住み慣れた今の場所から離れられるのかという問題もありますが)

もしくはそこから通勤出来る、森林組合があればいいんでしょうが、都市部は賃金が安いですからね(ほとんど常用固定の低賃金でしょうから)造林地も少ないですしね。

まーさん、山が待っておりますよ。
Commented by mah_dl650 at 2010-09-28 20:45
>通りすがりの山師さん
「まったく」という訳では(^_^;)
親父という足枷の一つがなくなったので、自分の抑えていた欲求が顔を出してきた…ってところです。

母親を伴っての島根移住は、不可ですね。越谷に40年弱もずっと暮らしているのですから、今更息子の我が侭に付き合わせる訳にはいきませんよ。

とはいえ、近県の森林組合で働くのは確かにアリかも知れません。
若干ではありますが島根で働くよりは稼げそうですし(最低賃金が違うからでしょうけど)、何かあったときに実家に戻りやすいし。北関東・甲信越・東北南部までは範囲内ですね。


冬になったら、ちょっと調べてみようかなぁ…


<< ファンサービス 飲んでも、元気にならない。 >>