2014盆の帰省予定

8/13夜 出雲発の夜行バスで東京経由で埼玉の実家へ戻ります。
出発は8/17夜 東京発の夜行バスで出雲へ。18日はそのまま山仕事へ。

14と15は友人に誘われて連日のナイター観戦の予定…

16日と17日はどうしようかなぁ。実家でぬぼーっとしよっかなぁ。。。(-_-)zzz

[PR]

# by mah_dl650 | 2014-07-22 20:42 | Comments(0)  

何時の間に39

先日誕生日を迎え、御年39になりました。
あらふぉーもあと1年でじゃすふぉーになりますな…(^_^;)

良くも悪くも何も変わらず。というか変わるのが怖いので変わりません。何事も。
ものぐさももう大親友ってレベルまで来てます。

さーて…それなりにしか頑張らないぞー…(-_-)zzz

[PR]

# by mah_dl650 | 2014-06-10 22:21 | 日記 | Comments(0)  

日本の年金に思う…老人はワガママだ

最近思う事を何でも書きなぐる事にしてます。コメント付かないし炎上するようなモノじゃ無いしな(^_^;)

現場でちらっと出ていた年金の話を思い出し。

私の知っているつもりの、日本の現行の年金制度について。
・国民から徴収した資金を運用して増やしたうえで将来返す制度
・というか、徴収した分を現在支給している資金にしてる
・生活保護より安い場合も
・世代間の人口比率からしてどんどん若年層に負担が増えてしまう

昨今、「今支払ってても将来十分な額がもらえない」と年金を支払ってないヒトが増え続けてますが、そうすると困るのは将来もそうですが現行貰ってる受給対象者もじゃないかなって気がします。

それと、ウチの職場にもいらっしゃるのですが、受給対象年齢になっても仕事を続けられている方。
常用雇用で週5以上のペースで働くと大概支給額がカットされてしまうので、勤務日数を自分で調整して満額の受給額を貰えるようにされている方がほとんどです。
結局、長年払ってきたんだし、受給年齢を遅らせる事も可能だけど、貰わないまま死んだら貰わなかった残りは全て国に取られてしまうから勿体無い…貰っておけば死んでも遺族年金が貰えるし…って事らしいですが。

しかしまあ、暴論を吐いてしまうと、
将来は制度破綻が見えている現行の年金制度を維持するためには…

受給対象を物理的もしくは制度的に減らす

というのも…倫理的にはアウトでしょうけど…アリかと思うんですよね。


あくまで持論でしかなく大方の人は怒るかもしれませんが、
どんな理由であれ、自力で生きることが難しくなった人間ってのは、もう寿命なんだと思うんですよね。
これだけ核家族化が進んでしまって、自活出来なくなり、公的補助や残りの財産を使って多くの人間の世話を受けないとダメになった…ってシチュエーションになったら…

発つ鳥跡を濁さず、ってのが一番の方法じゃないかと。
そーすればー余ったお金は浮くでしょー周りのヒトの負荷って明らかに減るじゃないー
私等も制度が崩壊しなければお零れに与れる訳だしー


…私、悪魔ですね(-_-;)
まあ口先だけなのでご勘弁願いたいもんですが。

まあ、世話してまでこの世に留まって貰いたいと心から思うのであれば、頑張る選択肢ってのは止める必要ないし。
疑問に思うのは、須らく誰も彼も死なないように、人件費や社会的負荷を度外してでも保障するってやり方なんです。
日本が戦争に負けて、今度はより良い国を創ろうと頑張ったのは間違いないけど…何事も程度が有ると思うんですよ。

完全に正しかったなら、今頃こんなにあちこち歪みが出来て是正するなんて事はしなくて良い筈。
直さないと壊れてしまうようなモノなら、手遅れにならないうちに直すべきでしょう。何事も。

今の社会、人間の寿命が長くなったことを加味して、ついでに、非労働人口の割合が増えて社会の労働効率が落ちていることを十分に加味した制度設計の改変をしないと、とても持続不可能だって判りつつあると思ってます。
ついでに、悲しい事に、この世代別人口比率からして、必要な制度変更は老齢層の反対で実行出来ない可能性が高いうえに、逆ピラミッド型の人口比率はしばらくこのまま推移する可能性が高いです。出生率が落ちたままだから。

もっともっと、若年層に活力と責任と決定力を与える社会にしないと!
じーさまばーさまが活躍するとか生きるのに優しいなんて社会、いつまでも長続きしない…気がします…m(__)m

[PR]

# by mah_dl650 | 2014-06-05 23:09 | 哲学っぽいこと | Comments(0)  

顧客満足度

若かりし頃、どこかで受けた研修の内容を思い出します。
仕事で人間関係に悩んでいるときや、やっている事の意義や成果について疑問に思っているときは特に。。。

詳細はほとんど覚えてないので自分が噛み砕いて覚えた内容なので
実のところ正しい事を書いているかどうかは判断願うところですが…
顧客満足度の「顧客」つまりお客様 というのは、商売相手ばかりでなく自分以外の全ての人間が対象になる。
つまり、自分の同僚や上司や会社に対しても満足をさせることが大事。
そして、どちらか一方だけが得をするのではなく、お互いに得をする「WIN-WIN」の関係を目指すべし。

こんな感じ。

自分の中ではどう解釈して実践してるかというと、
例えばある仕事で、単純作業や体力を仕事や、疲れたり汚れる事が必要な事があったりする場合。
なるべく他人が嫌がったり引き受けたがらない作業は引き受けるよう心がけています。
それによって仕事全体の進捗がはかどれば、突き詰めれば会社の利益になるからです。

実行するために必要な事であれば当然多少のワガママは言います。よく。
それによって時には言い争いも起きる事もありますが…

最近嫌だなぁと思っている事というと、
あからさまに周りの事はさておいて、自分が楽しようとかしたい事しかしないぞという、我欲のみで仕事してるヒトらが居て。
そんなヒトらでも戦力には違いないし、周りが上手に立ち回ればある程度の成果は見込める事も違いないので。
自分のやりたい事やすべき事を後回しにしてでも、とにかくそのヒトらに心地よく働いてもらえるように心配りをしながら仕事をする必要が増えてる事、なんですよね。

そして、その心配りが判ってもらえなくて、下手すると逆に心配りが足りないと思われたり、相手はそんな心配りなんぞそもそも考えて仕事をしてないっていう…まあ自分の利益オンリーで動くヒトらをどうしようか、ってところです。

そういうヒトらは、私が顧客満足度だとかWIN-WINとか考えながら仕事してるって、頭の片隅にも考えないんだろうなって。
周りを凹まかして自分だけ出っ張ったところで、得られるものはホンの僅かだと思うんですけどね。それよりも全体でほんの少しでも成長していければ、より多くのモノが得られると信じているんです。これはホント。

第一、ヒトの不幸を踏み台にして得た幸福って、その土台は間違いなく恨みや憎しみといった負の感情ですよね。
そんな恐れ多いモノを踏み台にして何かを得たところで、それ以上のモノなんか生み出しなんぞしませんわ。


皆が幸せになるついでに、自分がちょこっとだけ幸せのおすそ分けを貰えれば、それでいいじゃないですか。
そして、その積み重ねで、ちょこっとずつちょこっとずつでも、もっともっと皆で幸せになればいい。そんな世界を目指そう。
それがWIN-WINの精神だと思った今日この頃でした。

[PR]

# by mah_dl650 | 2014-06-03 23:11 | 哲学っぽいこと | Comments(0)  

日々を淡々と過ごさなければならないのだけど…

何気に、また島根に戻ってから3年が経ちました。

やりたい事も夢も希望もまだまだあるけど、
3年経って、果たせているのは、山の仕事をするという、この1つだけです。

他は、諦めたり遠ざかっている事の方が大多数です。
バイクももう乗れないだろうし、なかなか生活の基盤は整わないし、仕事も次のステップに行くための条件が揃わない。

状況が整うのを、受動的に待つ日々を過ごしてます。
最近は待ちくたびれた感がかなり出てきてまして…

ボーっと過ごすための無意味な暇つぶしのツールをあれこれ探しては時間を浪費してますな。
「艦これ」ばっかしてる。何の足しにもならないのは判ってるのにね。


何か一つ、動き出してくれれば、また違った楽しみで数年は乗り切れるんだけどなぁ。
さしあたっての希望は、ただ、2年は続いてる集材機オペレータの役割から別の役に変わりたいってところ。
次にバトンタッチする後輩も居るのに、初心者向けの現場環境が整わないという理由で棚上げになったっきりです。

…実のところ後輩の育成どうたらより、オペのスキルを持った別のヒトに変わってもらえるだけで良いのですが…
そちらは別の役割の修業中だったり、やれ体調だとかなんだらかんだらワガママを年功序列で押し通されているので、フラストレーション溜っていくのですよね…私もどんどん歳とっていくんだから焦ってるんだけど、判ってくれないのですイジワルなお人は(-_-;)

んが。
そんなところです。
でも確実に言えるのは、
どんなに薄給だろうがキツイ仕事だろうがなんだろうが

もはや山から下りる事は絶対にしません。下りるときは同時に人生も下りる時。
この世からサヨウナラか、過去の余韻に浸りながらひたすら沈んでいく余生を送る事でしょう。
それほどまでに、大多数の人間にそっぽを向かれてでも、私は山の仕事を愛してるんで。何よりも。

山を取り上げられるくらいなら、一生独り身でいいやもうめんどーだから。
山があれば、どんな不幸でも負債でも障害でも抱えて一生乗り切ってやります(^_^;)

願わくばこの山での生活を一生涯貫き通せますように。。。

[PR]

# by mah_dl650 | 2014-06-02 22:08 | 日記 | Comments(0)  

((+_+))

久々更新です。生きてます。五体満足です。






…ほとんど誰も気にかけない人間がここにヒトリ、で、あります(^_^;)
自虐モード全開…


これではいかんとは思ってるので、久々に婚活イベントなるモノに参加してきました。
町内のイベント。

久々に、何の関わりも無い他人同士の集まりで、楽しいイベントでした。
ピザ焼きやらイルミの制作やら…この手のイベントで和気遭い合いなのはなかなか無いから。
ツッコミどころも。
町のイベントなのに、町内参加者が自分ひとりって、ど・が・な?
普通あちこち手を回して参加者確保するもんじゃないの~
この町の若者さんたちって一体どうやって出会いを見つけてるんだろう…不思議だ…
そしてイベントを開く方も足りないものがあれこれあるよね…
これじゃ開催意義ってどれだけあったのやらと。。。

とはいえ刺激はありました。それは収穫です。
結果は…ダメでしたけど、とにかく恋愛したいという気力は萎えてませんでした。


で、いつものことながら、
…そして帰ってきてからの、反動の、鬱なほどの凹みかたと自己嫌悪も…
もうこの反動が本当に耐えられないんだよなぁ。回数が重なるほど二度と行きたくねぇと(;O;)



逆の結果で二度と行かなくて良くなりたいのだけど。
とにかく、とにかく、

自分という人間に興味を持ってもらえないと思ってしまう、この




…これ以上書くと精神が病みそうだから、止めるっ!
次だ次!苦しみたくなかったら何としても良縁を手に入れる!
それしか逃れる術はない…誰か私を好きになってくれ。お願いします(^_^;)

[PR]

# by mah_dl650 | 2014-03-30 03:17 | Comments(3)  

2014年も宜しくお願いします

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致しますm(__)m

…ちなみに今年のリアル年賀状はこんな感じです。
(しまねっこの画像は島根県HPからいただきました)
c0016259_22143684.jpg

さて、今年の初めはというと、一応初詣をして大吉のおみくじ引いたのですが、
それ以外はひたすら家に閉じこもってコタツムリしとります。宣言通りというか予想通りというか…

大体によって、3が日はテレビに噛り付いているのです。
社会人駅伝と箱根駅伝をガッツリ観てれば、夕方くらいまではあっという間に潰けますんで(^_^;)


…第一、そもそも何故わざわざ島根で年越しするかって言うと、
昨年は出費が多くて旅費をケチったのが一番の理由。実家までの往復交通費と交際費だけで諭吉さん5枚以上確実に飛びます。昨年の出費はそれをケチるくらい多かったって事…必要経費だったから仕方ないのですが…


埼玉は、実家に使い古しの自転車が置いてあって、日中動くのに不自由は少ないんです。実は。
島根はね…家から用事をしようと外出するとまず車が無いとどこにも行けませんから、案外休みは出費がかさむんですな。
だからコタツムリ。体力は休み明けに仕事が始まれば元に戻りますんで…たぶん大丈夫(^_^;)


まあ、自己弁護はこれくらいにして…
今年はどうしようかな…

まずはおみくじに書いてあったように、継続は力なりということで、
とにかく山仕事にもっと性根を入れて取り組むことにします。それが目的でここに居るのだし、納得するような実力も満足感も未だ得られておりませんので…この奥の深い仕事を少しでも理解して今後に生かせるようにしないといけません。

さ、今年も張り切って参りましょう!<(`^´)>


[PR]

# by mah_dl650 | 2014-01-03 22:34 | 日記 | Comments(0)  

2013年、お世話になりました

年越しに合わせて更新しようとしたら、パソコンに嫌われて書いてた文書が消えっちゃった…(^_^;)

なので、細々としたことは年が明けてから書くことにします。


今年は、無駄弾を惜しんで的を狙って鉄砲を撃つのを控えた年でした。臆病風に吹かれて風邪ひいた感じです。

来年は、その反省を生かして、イヤ…生かすのは義務ですな。
馬の耳に念仏を良い意味に生かした一年に出来ればと思っております。

では、良いお年を!!

[PR]

# by mah_dl650 | 2013-12-31 23:54 | 日記 | Comments(0)